資金管理がFXの命綱。僕が勝ち組になれた具体的な考え方を紹介

FXの基礎

あなたは資金管理のルールを決めていますか?

決めていないなら、トレード手法は置いておいて、まずはこの資金管理ルールから考えましょう。

資金管理こそFXの命綱です。

ヒモなしバンジーなんて飛んじゃダメ。絶対!間違いなく相場の中で☆になります。

そして、この資金管理さえ守れば、相場で☆になることはなく、勝つまでトレードの経験を積むことができます。

これってすごいですよね。もう資金管理こそFXの必勝法だと言っても過言ではないです。

そんな大事な大事な資金管理のすごさと具体的な考え方を、僕の経験からの書いていきますね!

1回のトレードにつき“許せる損失”を決める

FXは1回の損失額を決めておく

資金管理を考えるとき、まず最初に考えるべき点はココでしょう。

資金が100万円あっても、1回のトレードで100万円全部を失うような資金の使い方は論外です。

これは極端な例の中でも極端なものですが、こんなのは“管理”ではありませんよね。“投資”でもない。ギャンブルだとしても危険すぎる。ただの自殺行為です。

では、どのくらいならいいのか?

相場は上がるか下がるかだから、20万円くらいならいいんじゃないか?

ノンノン!勝率が50%でも、5連敗することななんてザラです。

100万円に対して1回につき20万円の損を認めたら確実に破産します。

大事なのは、金額ではなく割合で決めることなのです!

「資金の〇%」とすればFXから退場せずに済む

FXの損失の割合を決めておく

結論から言うと、1回のトレードで許容する損失額は、資金の2%以下にするのがよい。というのが最適解として扱われることが多いです。

100万円の資金なら2万円まで。

しかし!大事なのはここからです!

「2万円」ではなく「2%」という考え方がとってもとっても重要なポイントなのです!

例えば100万円の資金でスタートして、5連敗したとします。

1回の損を「2万円」と決めた場合、100万円は90万円になります。
1回の損を「2%」と決めた場合、100万円は903,921円になります。

微妙な違いですか?

しかし…もし仮にですが、50連敗したらどうなるでしょう。

1回の損を「2万円」と決めた場合、100万円は0円になります。
1回の損を「2%」と決めた場合、100万円は364,170円になります。

方や資金がなくなって相場から退場。

しかし、「1回の損を資金の2%」と設定した場合は36万円も残っています…!

もうお分かりだと思いますが、その秘密は資金が減るたびに損の額も減るからなんですね。

これならば、資金がなくなって相場から退場してしまうことなく、トレードの実践を続けて行くことができます。

かと言って、50連敗は勘弁ですけどね。

退場せずに勝つまで続ければ勝ち組

FXで勝つには続けること

資金を失くしてしまうことなく、相場に挑戦し続けることができれば、いつか勝てる日が来る。

と、僕は信じています。

もちろん、ただ適当にトレードを繰り返すだけではダメです。

自分の手法をしっかりと決めて、それに沿ってトレードを継続します。そしてその結果を記録して検証し、利益が出せるかどうか見極めるのです。

利益が出ないようなら出るように手法を微調整していく…。

そんなPDCAを回していきます。それにはやっぱりある程度の期間を見る必要があります。

その間に資金を失くしてしまわない。「FXなんて儲からない」とあきらめてしまわない。

FXで勝つようになるには、これが一番重要なことだと実体験から実感しています。

「FXって結構地道だよな」っていうのが今の僕の思いです。もっと派手でガツガツした世界だと思っていました。

でも、勝つために必要なのは結構当たり前のことだったり、こうして地道なことなのだと思います。

資金管理って地味ですよね(笑) でも、これがあなたを勝ち組にしてくれる最初の一歩なのです。

▼資金管理の方法まで詳しく決まっている僕の手法

【随時更新】確率論に任せて予想しない。シンプルを極めたFX手法『欲張りユーロ』|べれた|note
-----【2022年8月6日追記】----- ご購入者さまへ。有料部分の最後に、当手法を行う上で、現状最適と思われるFX会社を選定し、追記しました。当手法の成績を向上させるのにつながる内容ですので、ぜひご確認ください。 この手法の最大の特徴は・・・ 確率論の考え方を武器に、分析や相場の予想を一切行わない“...

コメント

タイトルとURLをコピーしました