FXで「難しく考えすぎ」は勝てない原因に。その理由と解決策

FXで「難しく考えすぎ」は勝てない原因に。その理由と解決策FX×難しくない

たは、「FXで稼ぐには難しいことを考えないといけない」という固定概念や先入観を持っていませんか?

あるいは、「難しく考えすぎて頭がごちゃごちゃする…。チャートも逆に見づらい」という悩みを抱えていたりしないでしょうか?

これはFXあるあるでもかなり多くの人が経験することだと思います。かく言う僕もそうでした。

しかし、僕が勝てるようになったきっかけは、FXを難しく考えすぎるのをやめたことです。

反対に、すごく簡単に、シンプルに考えることを試してみました。

この記事は、FXを難しく考えすぎて勝てない沼にハマってしまって悩んでいるあなたに向けて書いていきます。

この記事ではこんなことを紹介していきます。

  1. FXを難しく考えすぎている人の特徴
  2. FXを難しく考えすぎると勝てない理由
  3. シンプルに考えて利益を出すための解決策
べれた
べれた

FX歴8年のうち、最初の5年は難しく考えすぎて負けていた経験と、そこから勝てるようになった経験を踏まえて書いていきます!

FXを難しく考えすぎている人の特徴

FX歴は8年になりますが、最初の5年は負け続けでした。

原因はいろいろとあるとは思っていますが、とにかく為替のチャートを「すごく難しいもの」と捉えていました

今にして思うと、これがうまくいかないトレードばかりを生んでいたのだと感じます。

ここでは、FXを難しく考えすぎてしまう人の特徴を、過去の僕の姿も参考にして3つ挙げていきます。

ご自分に当てはまる部分はないか、確認してみてくださいね。

  1. たくさんの知識を知らないといけないと考えている
  2. 複雑な分析をしないといけないと考えている
  3. ハイレバでトレードしている

1つずつ見ていきましょう。

①たくさんの知識を知らないといけないと考えている

FXで億万長者

FXにかかわる知識というのは、非常にたくさん存在します。もう無限とも言えますね。

「それらを知っていないとFXでは勝てない」と思ってしまうんですよね。すごくわかります。

しかし、実際はそうではありません。

20期間移動平均線やボリンジャーバンドといったインジケーターを、1つしっかりと使いこなせるだけでFXは利益を出していくことができます。

知識は、知っていればいいというものではなく、使いこなさないと意味がないんですね。

むしろ、たくさんのことを知っていると、それらの知識に振り回され、相場を素直に見られなくなります。

チャートにいくつものインジケーターを表示している人はこれに当てはまる可能性大です。

どれを優先して見たらいいのか、わかんなくなっちゃいませんか?

FXは、1つの得意パターンを深掘りして、突き詰めることが勝てるようになる一番の近道です。これをぜひ知っておいてください。

べれた
べれた

僕も、「平均足」を自分なりに突き詰めることで勝てるようになれましたよ。

②複雑な分析をしないといけないと考えている

複雑で見にくいFXチャート

「FXは、複雑な分析をするほど利益率の高いトレードができる」と思っていませんか?

先ほどの①とも通じるのですが、複雑に考えてもトレードの効率が上がるとは言えません。

「移動平均線では買いサインだけど、RSIとMACDは売りサイン、いやでも一目均衡表では買いサインか…」

となった場合、めっちゃ悩みませんか?どうしたらいいのかわからなくなりますよね。

べれた
べれた

冗談みたいな例ですが、これ僕が実際にやっていたことです…

難しく考えすぎると、相場の分析も複雑にしないといけないと考えてしまいます。

インジケーターやラインなど、相場を分析するツールは、まずは1つずつ使いこなせるようになることを目指しましょう。

③ハイレバでトレードしている

あなたはレバレッジをどのくらいかけてトレードしているでしょうか?

あるいは、1回あたりの損失をどのくらいに抑えようとしているでしょうか?

この辺をよく把握せずに、「早く稼ぎたい」という一心でハイレバでのトレードをすると、途端にトレードの難易度が上がります。

同じことをしていても、「早く稼ぎたい」というマインドが根底にあると、少し利益が乗ったら決済してしまうし、反対に損切りはなかなかできなくなるからです。

トレードに、心理というものは非常に大きくかかわってきます。

無理なハイレバは、そのハードルを激上げしてしまうのです。

1回のミスで全資金を溶かしてしまう可能性もある、非常にリスキーな行為となります。

少しずつでも、長期的に利益を出し続けられる方が、よほど豊かな精神状態で生活できると思いませんか?

べれた
べれた

僕はビビリだったので、ハイレバでの失敗は実はありません。そのおかげで5年間負けても生き残ることができていました。Lotは大事…!

FXを難しく考えすぎると逆に勝てない理由

FXのエントリーに悩む

上で挙げた難しく考えすぎている状態に当てはまると、なぜFXでは勝ちにくくなるのか?

それは、人間のメンタルの部分が関係してくるからです。

それは、このように難しく考える心理の背景には、

  1. 「難しいことをすれば勝率はどこまでも上げられる」
  2. 「とにかく短期間で稼ぎたい」

という“欲”があるからです。

しかし、FXにおいてこれは逆効果になることが多いです。特に初心者さんには。

勝率はリスクリワードとのバランスで決まってきますし、短期間で稼ごうとすれば、メンタルに大きな負担をかけることになります。

無理なことをしようとすれば、当然トレードの難易度を上げてしまいます。

トレードでは、心が安定していて、いつでも同じルールでトレードできることが大事。

そのために必要なのは、難しく考えすぎることでも、ましてや“欲”でもありません。

シンプルに考え、自分のわかりやすいインジケーター1つを使いこなしたり、メンタルに負担をかけないトレードスタイルを優先することです。

解決策は「確率論」でシンプルに考えること

「シンプルに考えることが大事」と言われても、実際にどうすればいいかわからないという方も多いと思います。

もう少し具体的にいうと、

  1. チャートはシンプルに見る
  2. FXを「確率論」で考える

この2つがカギになってきます。

①チャートはシンプルに見る

シンプルな分析をしたFXチャート

チャートにたくさんのインジケーターやラインを表示しまくってしまう気持ちは、すごくわかります。

でも、それらすべてを本当に的確に活用できているでしょうか?

もし、ごちゃついたチャート画面で頭が混乱しがちという場合は、一度インジケーターを全て消してみてください。

そして、あなたが一番好きな、わかりやすいと思えるインジケーターを1つだけ表示してみましょう。

驚くほどチャートも頭の中もスッキリするはずですよ。

べれた
べれた

実は僕も他のトレーダーさんの助言を読んでこれをやってみたんですが、効果は絶大でした。

②FXを「確率論」で考える

FXと確率。サイコロの画像

僕の、そしてこのブログの真骨頂でもある「確率論」です。

どんなに優れたトレードでも、勝率100%はあり得ません。

勝率70%の手法だとしても、30%は負けるということです。

30%が5回連続で発生することも、長くトレードをやっていれば出てきます。

そこで自信を無くしたり、手法を疑ったりすると、また新たな手法探しの度に出たくなり、一生そのループから抜け出せません。

その手法が利益を出せるプラスの期待値ならば、淡々とトレードを続けなければ、最終的な利益は得られないのです。

トレードの勝ち負けはランダムで出現する。それは確率の世界だから。

僕も連敗が続くと不安になることもありますが、ここを乗り越えたことで年単位でも利益を出すことができるようになりました。

お互いこのことを忘れないでいきましょう!

相場を予想しなくても、確率論と期待値だけを頼りに利益を出す方法なんかもありますからね。

まとめ:難しく考えすぎは逆効果になる

FXにおいて、難しく考えすぎてしまうことは、逆効果になりやすいことを僕の経験ももとにお話ししてきました。

  1. たくさんの知識を知らないといけないと考えている
  2. 複雑な分析をしないといけないと考えている
  3. ハイレバでトレードしている

これらに当てはまるあなたは、FXを難しく考えすぎかもしれません。

ぜひ、以下のことを意識してみてください。

  1. チャートはシンプルに見る
  2. 「確率論」で考える

きっと、知らないうちに濁ってしまった視界が明るくなって、チャートも頭の中もスッキリするはずです。

その状態で、期待値の高いトレードを探っていきましょう!

⇒Twitterでも経験談を発信中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました